高額医療の負担軽減

高額医療となった場合に、その費用の自己負担額を軽減してくれる制度があります。これを高度療養費制度といいます。

高額医療というと、重い病気などで病院等に長期入院したり、治療が長引く場合には、医療費の自己負担額が高額となります。そのため家計の負担を軽減できるように、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻されるのが、高額療養費制度です。

高額医療の自己負担を軽減する高額療養費制度というのは具体的には、1ヵ月当たりの自己負担額を80,100円(一般のかた)とし、これを越えた部分に関しては、自己負担額はおおよそ1%になるというものです。

ただし、高額療養制度で払い戻されるのは、公的医療保険から支払われる医療費のみです。

保険給付の対象とならない食費、差額ベッド代、高度先進医療などは含まれません。

高額医療の高額療養制度を使った自己負担額は、70歳未満か以上か、また、所得に応じて異なります。

高額医療の高額療養制度を使った自己負担額

70歳未満
低所得者(生活保護の被保護者や市町村民税非課税世帯などの方)・・35,400円
上位所得者(標準報酬月額が53万円以上の被保険者及びその被扶養者)・・150,000円+(医療費−500,000円)×1%
一般(上記以外)・・80,100円+(医療費−267,000円)×1%
70歳以上
低所得者(市町村民税非課税世帯などの方)・・24,600円
低所得者(市町村民税非課税世帯などの方でかつ所得が一定基準に満たない方)・・15,000円
現役並み所得者・・80,100円+(医療費−267,000円)×1%
posted by 高額医療費 | 高額医療

高額医療費の前借りを

高額医療の自己負担軽減となる、高額療養費制度ですが、医療費が実際に払い戻しされるのは、医療費を窓口で実際に支払って後に、社会保険などに自分で申請をだし、それからまた数ヶ月以上かかってしまいます。

高額医療費をその間負担しなければいけないというわけです。これはよほど裕福なご家庭でない限り大変ですし、バカに出来ない金額です。

高額医療費の高額療養費制度による支給が実際に行われるまでの、経済的負担を軽減するしくみとして、払い戻される高額療養費の一定割合を無利子で貸し付けてくれる制度があるんです。

これは使わないと損ですね!

高額医療の高額療養制度による支給が行われるときに、先に無利子で一部を借りてた金額を差し引いて支給されることによって返済するというしくみとなっています。

高額医療の高額療養制度における、前借りできる金額は、サラリーマンなどが加入する政府管掌健康保険と船員保険は、高額療養費の8割相当額、

自営業者などが加入する国民健康保険については、市区町村によってことなり、7〜10割

加入されている健康保険によって違いますのでご確認ください。

posted by 高額医療費 | 高額医療

高額医療費の前借りを(2)

高額医療費の前借りその2です^^

高額医療費の前借りとして、高額療養費の一定割合を無利子で貸し付けてくれる制度があるとご紹介しましたが、そのほかにも、

高額医療に掛かる費用の内、窓口で支払う金額を減らす方法があるんです。しかしこれは、国民健康保険のみです。

国民健康保険独自の制度として、「高額療養費の委任払い」というものがあります。

高額医療の負担を軽減する、高額療養費制度では、「後日」高額な部分を払い戻してくれますが、この払い戻される権利を「病院に委任する」というものです。

「高額療養費の委任払い」の制度を使えば、窓口で医療費を支払うときは、1ヵ月当たりの自己負担限度額までで、超える部分については支払わなくて済みます。

posted by 高額医療費 | 高額医療

医療費節約のポイント、その2

高額医療費の制度があり、本人や家族は、決められた一定額を超える部分については、支払わなくて済むことになっていますが、大病や手術、入院費以外の医療費は、医療の受け方次第で、節約することができます。こんなときにも医療費がかかってしまうの?と意外に思うサービスがいくつかあります。続きを読む
posted by 高額医療費 | 医療費と医療保険

医療費節約のポイント

高額な医療費というのは家計にとっての負担が大変です。またご家族が急にご病気になられると、まずは病気が1日も早く直って健康になって欲しいものですが、一方で病院や治療費、通うための交通費などなどお金がかかるのも事実です。

医療費というのは、普段から予防のために、また病気の早期発見という意味でも上手に使うのがポイントですよね?

家計に気を配っている方でも、盲点となるのが「医療費の支出」。やむをえない支出と思われがちな医療費ですが、チェックしてみると、意外と無駄が多いことに気が付くものです。ここでは、自身の経験や関連書籍などで学んだなかから、賢い医療費の使い方や医療費節約のポイントをお伝えします。

続きを読む
posted by 高額医療費 | 医療費と医療保険

高額医療費の支払を自己限度額まで

高額医療費の支払は、先に窓口で自己負担額を支払って、後日、自己限度額を越える部分については還付されるなどの方式が一般的でしたが、70歳未満のかたでも、窓口での支払いをするさい、最初から、自己負担限度額までで済む新しい制度がスタートするそうです。(社会保険)

続きを読む
posted by 高額医療費 | 高額医療

高額医療費の請求・申請(国民健康保険)

高額医療費の請求・申請手続きというのは、国民健康保険の場合は、基本的にあなたがすることはありません。

医療費を先にあなたが支払ったのち、月額で所定の限度額を超えたときは、公的医療保険のほうから、あなた宛にそのもう通知が来るようになっています。

続きを読む
posted by 高額医療費 | 高額医療

高額医療費制度の見直し

高額医療費制度の見直しが始まっている。

高額医療制度は、月間医療費がかさんだ場合に一定額を超えた分を健康保険が負担するという公的医療保険の制度だが、 これまでの高額医療制度での長期に医療が掛かってしまった場合での更なる割引分について、 保険加入者にとっては有利なものになるのかもしれません。

続きを読む
posted by 高額医療費 | 高額医療費の話題

高額医療となる病気

高額医療というと、どんな病気が、入院の長期化などで、高額医療となるでしょうか?またどれ位の医療費がかかるものなのでしょうか?

疾患名在院日数医療費1日当医療費
胃ガン28.51,213,53042,590
結腸ガン29.21,178,80040,350
肺ガン351,102,56031,530
急性心筋梗塞19.42,178,140112,200
肺炎19.4530,47027,360
喘息10298,93029,840
脳梗塞38.11,162,07030,530
脳出血42.71,559,63036,490
糖尿病21504,60024,030
大腿骨頸部骨折45.91,458,96031,790
胃潰瘍17.8625,86035,240
急性腸炎6.7205,85030,620
正常分娩6.7301,64045,270
急性虫垂炎8.9520,58058,200
胆石症18.2782,23042,880
前立腺肥大症14.4530,00036,690
白内障5.8349,73060,530
痔核6.9273,24039,390
子宮筋腫11.7554,85047,370
狭心症9.21,124,800122,180
腎結石及び尿管結石6.3321,91050,700
乳ガン20.2816,82040,440
膝関節症341,630,73047,980
そけいヘルニア6.8277,86040,620
全疾患合計19.9784,42039,370

全日本病院協会より

ガンや心筋梗塞といった大病はやはり上位にきていますね。

posted by 高額医療費 | 高額医療